FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大成功、纒向遺跡シンポ

昨日のシンポ。

まずは一言。すごかったです。


それから、改めて、纒向遺跡ってすごーくすごーくすごーく貴重ないや言葉で言い表せないほどの遺跡です。

今までその認識にたててなくて恥ずかしいいや、本当に知らなかったといえ恥ずかしい。



とりあえず、新聞赤旗記事より 抜粋
本日9日付け


“初期ヤマト政権発祥の地”と目される奈良県桜井市の「纒向(まきむく)遺跡の保全・継承とまちづくりを考えるシンポジウム」が8日、同市内で行われ、県内外から会場をあふれる250人が詰めかけました。日本共産党奈良県委員会・同県議団が主催したものです。

 滋賀大学の小笠原好彦名誉教授がコーディネーターを務め、同市纒向学研究センター主任研究員の橋本輝彦、元五條文化博物館館長の石部正志、日本共産党の吉井英勝衆院議員の3氏がパネリストとして発言しました。

 橋本氏は、発掘調査の成果からみた同遺跡の特徴を報告。3世紀初頭に「過疎」の地域に突然出現し、列島各地の代表者が集まった同遺跡は「日本の国家形成を考えるスタートになる場所」との見解を示しました。

 石部氏は同遺跡が今日まで残ったのは「田畑として守られてきたから」として、全域の史跡指定とともに住民の生活と権利を守る施策を強調しました。

 吉井議員は「陵墓」の実態をただした質問と政府答弁を紹介し、「歴史、文化は国民の財産だからもっと公開され研究される状態にすることが大事」とのべました。

 小笠原氏は「古墳だけでなく大王の王宮や関係する遺構を保存」し、次世代に分かるように残していくための課題を提起しました。




なんというか、一番遠方は、神奈川県から、また名古屋や和歌山、三重、大阪、京都からも参加がありました。関心の高さとともに、遺跡を保存し守ることの大切さと大変さをつくづく感じました。






民商の会員さん、婦人部の方のお顔もちらほら見えました。街づくりのための新たな課題が見えた気がします。そこにすんでいる私たちが、地元を守るために声をあげなきゃダメなんです。たくさんのサポーターを作りながらです。

一緒にがんばりましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

もっともっと、自分の街の歴史をちゃんと知らなきゃなと反省しました
スポンサーサイト

プロフィール

桜井 民子

Author:桜井 民子
桜井民商婦人部 
ただいま部員大募集中!!
●加入資格
民商会員の女性事業主と、会員の女性家族従業者が入部できます。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪950-10
桜井民主商工会
TEL 0744-43-6682
FAX 0744-45-4643

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

最新トラックバック

桜井民主商工会 婦人部 Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。