FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新市長に会ってきました♪

先日ブログで、来年に行う自治体キャラバン要望書についてお知らせしましたが、この間
?項目めにかかげた 高齢者総合福祉センター「竜吟荘」について署名を集めてきました。


竜吟荘の復活・巡回バスの復活の署名です。最初の目標の1000筆(桜井市在住の人のみの署名)を集めきりましたので、早く新市長に手渡したいと思い地元共産党の吉田議員にアポを取ってもらいました。この日、11時半に市長室に行きました。3分もしないうちに新市長が現われましたので、まずは、ご挨拶いたしました。

もちろん新市長になってからは初めてでしたので、「当選おめでとうございます」(初登庁は12/2でした)とあわせて、「公開質問状に回答いただき有難うございました、さっそく短期間で集めたこの署名を受けとってください。」と渡しました。おそらく・・・おそらくですが、市長になって初めての署名、要望書ではなかったでしょうか???


署名にご協力くださった皆さん、引き続きこの要望に取り組みますので署名の方もよろしくお願いいたします


スポンサーサイト

所得税法第56条って?

朝から、部長と担当事務局との相談で桜井市と宇陀市のすべての
議員に所得税法第56条廃止を求める意見書の紹介議員になってほしい
とのお電話をすることにしました。
お盆前に、すべての議員に要請書や説明書類など手渡し、もしくは
郵送済みなので、これからが正念場です。がんばります!


所得税法第56条って?

中小業者を支えている家族従業者の「働き分(時家労賃)」は税法上、
所得税法第56条「配偶者とその家族が事業に従事したとき、対価の
支払いは必要経費に参入しない(条文要旨)」により必要経費として
認められていません。

事業主の所得から控除される働き分は、配偶者の場合は86万円、
家族の場合は50万円で、家族労働者はわずかな控除が所得と
みなされるため、社会的にも経済的にもまったく自立できない状態と
なっています。家業を一緒にやりたくても出来ないことが後継者不足に
拍車をかけています。

税制上では、青色申告をすれば給料を経費にすることが出来ますが
、同じ労働に対して、青色と白色と差をつける制度自体が矛盾して
いるといわざるを得ません。

ドイツ・フランス・アメリカなどの世界主要国では、自家労賃を必要経費
と認め、家族従業員の人格・人権・労働を正当に評価しています。
日本でも税法上も、民法、労働法や社会保障上でも家族従業員の
人権保障を確立する上でも、所得税法第56条の廃止が求められます。
全国でも326自治体(8/1現在)で廃止をもとめる決議や、
国に対して意見書があがっています。

プロフィール

桜井 民子

Author:桜井 民子
桜井民商婦人部 
ただいま部員大募集中!!
●加入資格
民商会員の女性事業主と、会員の女性家族従業者が入部できます。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪950-10
桜井民主商工会
TEL 0744-43-6682
FAX 0744-45-4643

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

最新トラックバック

桜井民主商工会 婦人部 Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。